ドキュメントの更新履歴について



2022/04/15

■ MUNクライアントの主要機能 > 各種機能における上限値に関するドキュメント内において
 下記の2項目が仕様と異なる説明がなされていたため、これを修正。
1ライセンスで作成できるロビー数の閾値
1ロビー内に作成できるルーム数の閾値
 上記修正に伴い、■ MUNクライアントの主要機能 > ロビーの作成と入室の注意事項の説明の修正。
 同じく、■ MUNクライアントの主要機能 > ルームの作成の注意事項の説明の修正。
■ MUNクライアントの主要機能 > ロビーの作成と入室に関し、ロビー属性(MonobitEngine.LobbyKind)の違いについて詳細を記載。

2021/12/01

MUNクライアントの動作要件に関し、Unity2021への対応を明記。
MacOSX 版のビルド、および実行手順に関し、Unity2021の対応(AppleSilicon向けを含めたアプリ作成方法)を記載。

2021/09/28

・「オンプレミス版 MUN サーバのセットアップ」に関する以下のドキュメントについて、
  CentOS7の後期リリースバージョンにおいて glibc-devel ライブラリを別途インストールする必要があるので追加。
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Linux)
・「オンプレミス版 MUN サーバのセットアップ」に関する以下のドキュメントについて、
  RELEASEモード時のC#版MUNサーバの起動手順に誤りがあったので修正。
MUN サーバのビルド・実行・停止

2021/07/27

■ デバイスごとの各種設定 > MagicLeapで動作させる場合の各種設定 のページを新規追加。

2021/06/30

ルーム一覧の取得に関するドキュメントについて、
  ルーム入室済みのクライアントの挙動についての、より詳細な説明を追加

2021/05/27

・「オンプレミス版 MUN サーバのセットアップ」に関する以下のドキュメントについて、
  開放するポートIDの情報を、現行最新リリースの MUN2.8.0 に即して更新。
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Linux)

2021/05/07

・「MUNクライアントの主要機能」に関する以下のドキュメントについて、グループIDおよびグループ制御の説明内容を加筆修正。
ネットワーク越しのオブジェクトの生成
グループ制御

2021/01/28

・「MUNクライアントの主要機能」に関する以下のドキュメントのうち、情報取得のための前提条件が抜けていた箇所があるため、追加。
ロビー一覧の取得
・「MUNクライアントの主要機能」に関する以下のドキュメントのうち、OnLobbyDataUpdate メソッドの説明が抜けていたため、追加。
接続コールバック

2021/01/15

・「サーバサイド・チュートリアル <WSS通信(SSL認証)を有効にする>」に関するドキュメントを追加
SSLによる暗号化通信の導入について
SSL証明書を作成する
(C#版サーバのみ)SSLの読み込み処理を組み込む
WSS通信を実行できる環境でサーバを動かす

2020/12/24

・以下の「オンプレミス版 MUN サーバのセットアップ」に関する説明内の「ポート番号指定」の事項について、改めて MUN 2.8.0 ベースに更新
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Linux)
クライアントから、オンプレミスサーバへの接続

2020/12/14

・以下の「パフォーマンスチューニング」に関する説明について、誤解を招く表現があったため修正
通信帯域制限機能を適用する
カスタムパラメータによる送信量・頻度の軽減
・以下の「オンプレミス版 MUN サーバのセットアップ」に関する説明について、古い情報が混じっていたため、改めて MUN 2.8.0 ベースに更新
オンプレミス版 MUN サーバの導入について
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Linux)
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Windows)
オンプレミス版 MUN サーバ導入準備(Mac)
MUN サーバのビルド・実行・停止
クライアントから、オンプレミスサーバへの接続
サーバ設定ファイルで変更するパラメータについて

2020/11/18

・以下の「サーバサイド・チュートリアル<カスタム認証を利用する>」に関する説明について、MUN 2.8.0 ベースに更新
認証モジュールのカスタマイズについて
シンプルなWeb認証の仕組みを作る
認証モジュールを利用するためのサーバコード
サーバ側でカスタム認証を有効にする
認証モジュールを利用するためのクライアント設定

2020/09/24

・以下の「MUNクライアントの主要機能」について、ページを追加
ObservedComponentListを利用した、オブジェクト同期データのカスタマイズ
任意のタイミングによる、ObservedComponentListへの登録管理

2020/09/16

・以下の「サーバサイド・チュートリアル<サーバサイドプログラミング>」に関する説明について、MUN 2.8.0 ベースに更新
サーバサイドプログラミングの必要性について
サーバサイドプログラムの事前構築
サーバサイドプログラムで利用できる各種機能
RakeupGame サンプル (ServerSide) についての解説

2020/08/21

・以下の「MUN クライアントの動作要件」について、Unity 2019, Unity 2020 の動作要件事項を追加
MUN クライアントの動作要件

2020/08/05

・以下の「MUNクライアントの主要機能」の説明について、MUN 2.8.0 ベースに更新
オフラインモード
オブジェクト所有権チェック
オブジェクト所有権の移譲
ホストチェック
ホストの移譲
特定プレイヤーの追い出し
特定プレイヤーの検索
同期タイミングの変更
オブジェクト同期データの送信制限について
ルームパラメータ
ルームカスタムパラメータ
プレイヤーパラメータ
プレイヤーカスタムパラメータ
グループ制御
各種機能における上限値
エラーコード一覧
マッチメイキング
オブジェクトプール機能
再接続処理

2020/07/20

・以下の「MUNクライアントの主要機能」の説明について、MUN 2.8.0 ベースに更新
ネットワーク越しのオブジェクトの生成
ネットワーク越しのオブジェクトの破棄
RPC(Remote Procedure Call)
接続コールバック

2020/07/01

サーバ設定ファイルで変更するパラメータについてについて、「サーバログのローテート機能」に関する説明を追加

2020/06/25

・以下の「doxygen文書」について、MUN 2.8.0 ベースに更新
API リファレンス(MUN クライアント)
API リファレンス(C++ 版 MUN サーバ)
API リファレンス(C# 版 MUN サーバ)
・以下の「MUNクライアントの主要機能」の説明について、MUN 2.8.0 ベースに更新
MUN専用のUnityEditorカスタムメニュー
MUNのバージョンを調べる
MRSのバージョンを調べる
ロビーへの自動入室設定
サーバへの接続
サーバに接続しているかどうか調べる
サーバの状態を調べる
サーバからの切断
ロビー一覧の取得
ロビーの作成と入室
ルーム一覧の取得
ロビーからの退室
ルームの作成
ルームへの入室
ルームからの退室

2020/05/13

・ドキュメントの更新履歴(このページ)の追加。

2020/04/14

・以下の「コンポーネント」の説明について、MUN 2.7.0 ベースに更新。
MonobitViewコンポーネント
MonobitTransformViewコンポーネント
MonobitAnimatorViewコンポーネント
MonobitAutoLoginTempleteコンポーネント
MonobitPlayerMoveTempleteコンポーネント
・以下の「プラットフォームビルド手順」について、MUN 2.7.0 ベースに更新。
Windows 版のビルド、および実行手順
MacOSX 版のビルド、および実行手順
Android 版のビルド、および実行手順
iOS 版のビルド、および実行手順

2020/03/03

プレイヤーカスタムパラメータについて、設定値の反映に時間が掛かる旨の記載を追加
プレイヤーカスタムパラメータの接続コールバックについての説明を追加

2020/02/27

・以下のサンプルの説明について、MUN 2.7.0 ベースに更新。
NonProgramming サンプル
SimpleChat サンプル
RandomMatching サンプル
RandomMatchingReconnect サンプル
KeyValueSearch サンプル
NumericMatching サンプル
RoomFilter サンプル
SearchPlayer サンプル
RakeupGame サンプル (ClientSide)
RakeupGame サンプル (ServerSide)

2020/01/24

API リファレンス(MUN クライアント) について、MUN 2.7.0 ベースに更新。

2020/01/17

・「オフラインゲームのオンライン化」のチュートリアル説明について、以下のページ内容を MUN 2.7.0 ベースに更新。
オフラインゲームのオンライン化(前準備)
シーンデータの複製
同期するオブジェクトに同期用のコンポーネントを追加する
MonobitTransformView のカスタマイズ
同期オブジェクトのプレハブ化
MUNのネットワーク制御スクリプトを追加する
ネットワーク制御スクリプトの作成
単独テストと、既存プログラムによる"不具合"の修正
複数クライアントでのテストを実施し、「不具合が発生する」ことを確認する
「自身が所有権を持つプレイヤー」だけを動かす
オフライン用に含まれている「不要なUI」の無効化
複数クライアントでのテストを再度実施し、プレイヤー操作が同期していることを確認する
敵キャラクタをネットワーク越しに出現させる
敵キャラクタを出現するかテストを実施し、「不具合が発生する」ことを確認する
敵NPCの出現処理をホストに任せる
敵NPCを各種行動処理をホストが実行する
弾丸の同期制御
複数クライアントでのテストを再度実施し、すべての同期がとれていることを確認する
接続コールバックの適用

2019年

・過去ログからの更新をお待ちください。

2018年

・過去ログからの更新をお待ちください。

2017年

・過去ログからの更新をお待ちください。