Monobit Unity Networking 2.0 (MUN)

Monobit Unity Networking 2.0(MUN)とは?

クライアントプログラムだけでマルチプレイを簡単に実装できるUnity専用の無料アセットです。
「MUN」をご利用いただければ、Unity上で、マルチプレイゲームを簡単に実装できます。

2.0になって、大幅進化!

1. 新開発の通信エンジンコア「Monobit Revolution Server」を採用し、通信性能が大幅に向上!
2. 従来のTCPに加えて、UDP/RUDPを正式サポート!
3. C#、C++でサーバにゲームロジックがかけるように進化!
4. サーバのソースコードを公開しており、サンプルを改造してオンラインゲームを開発できます!

ダウンロード

※本ファイルをダウンロードした時点で 利用規約 に同意されたものと致します。

ソフトウェアバージョンアップ情報

Ver2.0リリース!
MUN2.0+MRS 10の特徴

1圧倒的に低い遅延速度でアクションゲームやVRもサクサク
ライブラリレベルでは、マイクロ秒レベルの低遅延を達成。
同期周波数の高いアクションゲームやVRにも対応します。
2高速処理によるインフラコストの大幅低減を実現
超高速処理により、業界最高水準の低遅延、高スループットを実現。
同じ接続数でも、クラウドサーバのCPU使用料金を大きく削減できます。
(従来比数倍~10倍の速度向上を達成)
また、エンジンが利用するパケットデータのサイズも限界まで小さく保たれており、クラウドの通信費用も最小限に抑えます。
3Unity標準のネットワーク・インターフェースに対応
初期はUnithy Networkingインターフェースと互換のある製品(MUN2.0)が利用可能で、
2017年夏頃にはUNETにも対応予定です。
4サーバ側もマルチプラットフォームに対応
サーバSDKがマルチプラットフォームに対応。
同じソースコードでWindows、Mac、Linuxでそのままコンパイル可能に。
WindowsPCで開発して、Linuxサーバにデプロイすることも可能です。
5C#に加えて、C++言語でのサーバ開発に対応。超大規模接続サーバも設計可能に
C#言語に比べて、処理速度面で有利なC++言語でサーバ開発が可能。
MMORPGなど、大量の処理をサーバ側で行うゲーム開発にも対応可能です。
また、Cocos2d-xやUnreal Engineなどの、C++言語ベースのゲームエンジンとの親和性も担保できます。
もちろん、Unityと親和性の高いC#言語でのサーバ開発もサポートしています。
6仮想環境無しで、VisualStudioでゲームサーバ開発が可能
ローカルPCに仮想マシンを導入することなく、WindowsPCでゲームサーバをVisual Studioで直接開発可能。
従来に比べて、Visual Studioの高度なトレース機能やデバッグ機能も利用可能に。
クライアントを含めて、ネットワークゲーム開発が1台のPCマシンで完結します。
7エンジンのソースコードが提供可能
特別にご契約いただいたお客様に限り、エンジンのソースコードを共有!
万が一の場合にも、技術のブラックボックス化を避けることができます。
また、エンジンのソースをトレースすることで、効率的なデバッグ環境を実現します。
8複数のプロトコルに標準対応
TCP、UDP、RUDPプロトコルに対応。
1ゲーム内で複数のプロトコルを使い分けるケースや、バトルのようなアクション性が高いところではUDPを使い、
その他の通信はTCPを使うといった使い方も可能です。
(IPv6にも対応しています)
9Web系言語との高い親和性
Web系言語とスムーズに連携が可能。
ルーム管理のみをMRSのルームサーバに任せ、PHP、HTML5(Java Script)、Socket.io等を介して、
ルーム生成やメッセージの送信といった、リアルタイム側の各種APIを呼ぶことが可能です。
10通信の安全性を高度に担保可能
ゲームクライアントとサーバ間を流れるパケットは、すべてAESで暗号化することが可能。
さらに、高度な暗号が必要な場合には、暗号化モジュールを独自で開発して組み込むこともできます。
また、暗号化はバイナリレコード単位で処理のON・OFFが可能です。

MRS(Monobit Revolution Server)対応!

通信コアをMRS(Monobit Revolution Server)化することで、通信パフォーマンスの劇的な向上を実現しました!
Unity NetworkingとのAPI互換性がありますので、既存のプロジェクトにもすぐご利用いただけます。

MRSは通信パフォーマンスを最大化するために開発された新世代のリアルタイム通信エンジンです。
TCP/UDP/RUDPに対応したマルチプロトコルの通信コアを活用することで、究極のレスポンスを実現。
オンラインゲームの快適性や、ゲームデザインの自由度をさらに広げます!

MRSについて詳しくはこちら

Monobit Unity Networking(MUN)

システム概要

システム構成図

価格表

商用ライセンス料金体系・価格表
100同時接続まで無償

毎月プラン

1同時接続あたり20円/月(お申込みは1,000同時接続から)、接続数は1,000単位で3ヶ月毎の見直し可能。
自由度の高いサーバインフラ設計が可能となり、少ないサーバでの運用もできます。

同時接続数 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 10,000
月額料金(税別) 20,000円 40,000円 60,000円 80,000円 100,000円 120,000円 140,000円 160,000円 180,000円 200,000円
以降、同時接続1000毎に月額費用20,000円が追加になります。
1営業日での返答保証のついた専属開発サポートは35万円/月となります。

無制限接続プラン

お客様が安心して開発に専念していただく為の、毎月のコスト管理も楽な「無制限接続プラン」です。
「開発前のコンサルティング」・「開発サポート」が無償で受けられて、タイトルがリリースできるまでの期間、責任もってサポートいたします。 (期間の長短に関係なく、一定金額の有償サービスです。)

ライセンス1年分一括付与 3,300,000円(税別)



※2年目以降のご相談も承ります。

詳しくはこちらよりお問い合わせください。