最新ニュース

【プレスリリース】モノビットエンジンを、平田機工が複数人参加型 CAD・VR システムに採用!産業分野での VRソリューションなど、BtoB 分野も視野に展開!!

お知らせ

【プレスリリース】

モノビットエンジンを、平田機工が複数人参加型 CAD・VR システムに採用!

産業分野での VRソリューションなど、BtoB 分野も視野に展開!!

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)のモノビットエンジンを2017年7月12日、平田機工株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:平田雄一朗、以下平田機工)が複数人参加型CAD・VRシステムに採用しました。

平田機工の複数人参加型CAD・VRシステムに採用されているモノビットエンジンはVR空間上で3DCADデータを表現し、ネットワークを通じて、リアルタイムでボイスチャットなどのコミュニケーションを実現しています。同エンジンは多くの産業にて利用をされ、次世代のコミュニケーションツールのインフラストラクチャ技術として注目されています。

 

【平田機工 複数人参加型 CAD・VR システム】

平田機工の複数人参加型 CAD・VR システムに採用されているモノビットエンジンは「Monobit Unity Networking 2.0」と「VR Voice Chat」の2種類を用いて、複数人数によるリアルタイム通信をおこない、海外を含めた平田機工各拠点や遠隔地をネットワークで結び、VR空間内において3DCADデータを実物のように扱い、チャットなどのコミュニケーションを行う事ができます。平田機工では、早くからVRを導入し、3DCADモデルからVRコンテンツ作成まで自社で行い営業段階や打合せにおいて活用を始めました。

平田機工は生産設備のシステムインテグレータとして、世界中の工場の生産ラインをお客様の要望に合わせて作っているため、構想打ち合わせから製造・試運転までの間に、仕様の確認や新たな提案等で多くのコミュニケーションの時間を費やしています。VR技術を導入することで、早い段階から仮想空間内で装置間の干渉の有無やメンテナンス等の検証ができるため、お客様との間で確認作業時間の削減が可能になります。

このほど複数の人が同じ空間の中で検証が出来るようになったことで、さらなる作業効率の向上が期待できます。

 

VR Voice Chat 2.0」製品概要

今、VRコンテンツにおける″リアルタイム・コミュニケーション″の必要性が高まっています。『 VR Voice Chat』(以下、VRVC)とは、VR空間内で複数人による物理同期やボイスチャットを手軽に実装できるUnity専用のアセットです。自分の動きや声をネットワークで通信し、リアルタイムでVR空間を共有することで、VRコンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができます。さらにゲームだけではなく、様々な業種で制作されるVRコンテンツにも、VRボイスチャットを簡単に搭載できます。なお、VRVCはモノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロードいただけます。

 

▼製品ダウンロード先

http://www.monobitengine.com/vrvc/

 

|