常時同期オブジェクトに同期用コンポーネントを追加

目次

  概要
  考察:コンポーネントの追加について
  プレイヤーキャラクタに同期用コンポーネントを追加する
  敵キャラクタに同期用コンポーネントを追加する
  ここまでの内容について、一旦セーブする


概要

同期を取るためのコンポーネントを追加する

  プレハブ化が完了したら、続いてプレハブ化したオブジェクトに対し、同期を取るためのコンポーネントを追加します。

注記:このページ内容を反映させても、実行ボタンを押して正常な結果を得ることはできません。

  実行ボタンでの確認は、もうしばらく進めないとできません。ご了承ください。

考察:コンポーネントの追加について

「どのコンポーネントを追加すれば良いか」の考察

  同期を取るためのコンポーネントは、以下に示す3種類のものがあります。
・MonobitView - 同期処理を行なうオブジェクトに共通して追加されるべきコンポーネント
・MonobitTransformView - 位置や姿勢、倍率の自動同期をするコンポーネント(追加と同時に MonobitView が自動追加される)
・MonobitAnimatorView - アニメーションの自動同期をするコンポーネント(追加と同時に MonobitView が自動追加される)
  導入基準は至って簡単で、以下のように定義づけられます。
   ・位置・姿勢・倍率のいずれかが変動するなら MonobitView + MonobitTransformViewを追加する
   ・アニメーションが変動するなら MonobitView + MonobitAnimatorViewを追加する

  奇しくも、今回常時同期オブジェクトとして指定している「プレイヤー」「敵」ともに、
  位置・姿勢・アニメーションが常に変動して動作します。
  よって両方のプレハブに対し、MonobitView + MonobitTransformView + MonobitAnimatorView を登録します。


プレイヤーキャラクタに同期用コンポーネントを追加する

プレハブ化した情報から「プレイヤーキャラクタ本体」を選択する

  前節でプレハブ化した player.prefab は、プレイヤーキャラクタを含む複合セットになっています。
  このプレハブデータから、まずは「プレイヤーキャラクタ本体」を選択しなければなりません。

  Asset/Resources フォルダを開き、player.prefab の右端にある「 > 」のマークをクリックします。
  すると、player.prefab の中身が展開されます。
  展開されたデータのうち、「Dude」と書かれたオブジェクトを選択します。

Dude オブジェクトに「MonobitTransformView」を追加登録する

  選択した Dude オブジェクトに同期用コンポーネントを追加します。
  Inspector から、[Add Component] ボタンを押してください。
  プルダウンメニューから Monobit Network > Monobit Transform View を選択します。
       
  Inspector に Monobit View と Monobit Transform View の2つが追加されます。

Dude オブジェクトに「MonobitAnimatorView」を追加登録する

  同様に、Dude オブジェクトに MonobitAnimatorView を追加します。
  Inspector から、[Add Component] ボタンを押してください。
  プルダウンメニューから Monobit Network > Monobit Animator View を選択します。
       
  Inspector に Monobit Animator View が追加されます。

Dude の MonobitView の「監視コンポーネント」の枠を2枠設ける

  追加された3つのコンポーネントのうち、
  MonobitView の「Observed Component Registration List(監視コンポーネント登録リスト)」の欄の枠を、2枠に増やします。

  Inspector 上の Monobit View の項目内にある[Add observed Component List Column] ボタンを1回押してください。
  Observed Component Registration List の項目が1つ増えます。

Dude の MonobitView の「監視コンポーネント」に Monobit Transform View を追加する

  MonobitView の「Observed Component Registration List」 に、Monobit Transform View を登録します。
  登録する際に、同 Inspector に登録されている Monobit Transform View をドラッグ&ドロップして登録します。
    (下図の赤枠部分についてドラッグ&ドロップするように動かしてください。)
  以下のように、登録欄が「Dude(MonobitTransformView)」のようになれば成功です。

Dude の MonobitView の「監視コンポーネント」に Monobit Animator View を追加する

  同様の方法で、MonobitView の「Observed Component Registration List」 に、Monobit Animator View を登録します。
  登録する際に、同 Inspector に登録されている Monobit Animator View をドラッグ&ドロップして登録します。
    (下図の赤枠部分についてドラッグ&ドロップするように動かしてください。)
  以下のように、登録欄が「Dude(MonobitAnimatorView)」のようになれば成功です。


敵キャラクタに同期用コンポーネントを追加する

プレハブ化した情報から「敵キャラクタ本体」を選択する

  同様の手順で、プレハブ化した NPC.prefab に対しても同期用コンポーネントを登録しましょう。
  まずは「敵キャラクタ本体」の選択です。

  Asset/Resources フォルダを開き、NPC.prefab の右端にある「 > 」のマークをクリックします。
  すると、NPC.prefab の中身が展開されます。
  展開されたデータのうち、「Bear」と書かれたオブジェクトを選択します。

Bear オブジェクトに「MonobitTransformView」を追加登録する

  選択した Bear オブジェクトに同期用コンポーネントを追加します。
  Inspector から、[Add Component] ボタンを押してください。
  プルダウンメニューから Monobit Network > Monobit Transform View を選択します。
       
  Inspector に Monobit View と Monobit Transform View の2つが追加されます。

Bear オブジェクトに「MonobitAnimatorView」を追加登録する

  同様に、Bear オブジェクトに MonobitAnimatorView を追加します。
  Inspector から、[Add Component] ボタンを押してください。
  プルダウンメニューから Monobit Network > Monobit Animator View を選択します。
       
  Inspector に Monobit Animator View が追加されます。

Bear の MonobitView の「監視コンポーネント」の枠を2枠設ける

  Dude と同様、追加された3つのコンポーネントのうち、MonobitView の
  「Observed Component Registration List(監視コンポーネント登録リスト)」の欄の枠を、2枠に増やします。

  Inspector 上の Monobit View の項目内にある[Add observed Component List Column] ボタンを1回押してください。
  Observed Component Registration List の項目が1つ増えます。

Bear の MonobitView の「監視コンポーネント」に Monobit Transform View を追加する

  Bear の MonobitView の「Observed Component Registration List」 に、
  同 Inspector に登録されている Monobit Transform View をドラッグ&ドロップして登録します。
  以下のように、登録欄が「Bear(MonobitTransformView)」のようになれば成功です。

Bear の MonobitView の「監視コンポーネント」に Monobit Animator View を追加する

  同様の方法で、MonobitView の「Observed Component Registration List」 に、
  同 Inspector に登録されている Monobit Animator View をドラッグ&ドロップして登録します。
  以下のように、登録欄が「Bear(MonobitAnimatorView)」のようになれば成功です。


ここまでの内容について、一旦セーブする

プレハブを保存する

  作成したプレハブを保存するため、プロジェクト全体を保存しましょう。
  Unity のメニューから File > Save Project を選択してください。